サプリメントの効果と仕組みを徹底解説

サプリメントの必要性

サプリを考える女性

 

サプリメントと薬ですが、同じようなものだと考えられている方が多いと思いますが、実は違ったものなのです。

 

薬は症状を治すもので、サプリメントは症状を発生する可能性を低くするものです。
つまり、病気になってしまったら、薬で対処しますが、サプリは病気にならないように予防に働きかけます。

 

そして、薬は一時的に症状を抑えますが根本的に治すことは、ほぼ不可能だと考えます。
と言うのは、薬は対処療法だからです。

 

例えば、風邪をひくと、風邪薬を飲んで症状を抑えますが、そこで、すぐに治るか・・
それとも、長引くこともあります。

 

これは、風邪を排除する薬の力と身体の抵抗力が関係していて、これが、ずいぶん違ってくるということです。
常に身体の抵抗力などのパワーが備わっていれば、すぐに風邪の症状は治まります。

 

このように、風邪のウイルスなどを撥ねつけるパワーがあれば薬の効き目も変わってくるということです。

 

サプリメントは、この撥ね付けるパワーを強化させることを目的としたものです。
つまり、予防に備えるという役目をするのです。

 

そして、基本は、食事で不足しがちな栄養を補うことと同じなのです。
病気になるということは、毎日の生活習慣が良くないことが原因の一つですが、これを正すことです。

 

その、生活習慣の改善のお手伝いになるのが、サプリメントです。
サプリメントは、食事で得る有効なものだけを、凝縮して薬のような形にしたものです。

 

よって、簡単に体へ補給することが出来ます。
でも、毎日の食事と同じように欠かさずに飲むことが必要となり、こlれによって威力を発揮するものです。

 

つまり、サプリメントは、長期的に飲み続けることで改善を目指します。
このサイトでは、いろんなサプリを紹介しますが、基本は飲み続けることです。

 

そして、気になったサプリはどのような成分が入っているのか?
更に、どのような仕組みで作用するのかを分かりやすく紹介するように心がけています。

 

このようなことを理解して判断をしていただければ嬉しいです。

 

最新記事